この記事の所要時間: 19

ヘッドアンドショルダーや逆三尊像というチャートパターンは、

トレンドの反転として有名なチャートパターンですが、実は

トレンドの反転だけでなく、ちょっとした押し目などでも多発する

チャートパターンです。

 

実際のチャートを使って、ちょっと見てみましょう。

 

GBP/JPY 15分足

gbp

 

赤い●がヘッド(最安値または最高値)の部分で、青い●がショルダーの部分です。

 

このチャートパターンがエントリーに使いやすい理由は、損切りの設定がやりやすい

ということです。

 

具体的には、青●でエントリーをし、赤●を割り込んだら損切り、というトレード方法です。

 

ダブルトップやダブルボトムの底や天井でエントリーするのは、損切りがすぐになって

しまうので、精神的にエントリーしずらいですが、ヘッドアンドショルダーのショルダーで

エントリーをする場合、損切りまでの幅がある程度あるので、エントリーはしやすい

のではないかと思います。

 

今回は15分足のチャートを使いましたが、1時間足、4時間足、日足などでも

実際のチャートをチェックしてみてくださいね!