資金管理という言葉はよく耳にしますが、ほとんどの場合

トレードで負ける金額のことだけを考えた資金管理のこと

しか触れられていません。

 

しかしFXをやる上で、想定しなければならないリスクは、

トレードによる損失だけではないはずです。

 

この記事では、トレードをやる上で私が想定しているリスク

について書いていこうと思いますので、参考にしてください。

 

MT4の口座に多額な資金を投入してトレードをしている人を

よく見かけますが、私の場合はそれとはかなり違います。

 

基本的には

5万円入金 ⇒ 100万円出金

を繰り返します。

 

例えば最近で言うと、こちらの記事で書いた利益は最終的に

110万円で出金が完了しています。

5万円入金 ⇒ 110万円出金

 

そして新たに5万円を入金しトレードをスタートしています。

6月22日に5万円入金をしているのが分かると思います。

 

全ての取引履歴

1

2

 

現在保有中のポジション(含み益25万)

3

 

増えた資金を口座に入れて、そのままトレードをすればいいと思われる

かもしれませんが、このやり方が私のトレード経験上、最も安全な

資金管理方法です。

 

多くの人は、常にごく普通にトレードができると思っているはずですが、

私が想定しているリスクは

 

1、業者リスク

2、不測の事態

 

この2つです。

 

業者リスク

業者リスクとは次の2つを想定しています。

1、FX業者が破たんするリスク

2、口座凍結などによる出金拒否

 

使っている業者が破たんした経験はありませんが、口座凍結は

今まで何度も経験しています。

 

ここでは業者名の公表は控えますが、多くの人が今もなお使っている

ブローカーでも口座を凍結されたことがあります。

 

常に利益を上げているトレーダーは、業者にとっては目の上のたんこぶ

でしかないので、なんだかんだ理由をつけて口座を凍結されるようなことが

実際にあります。

 

それを考えると、ある程度資金が増えたら、自分の銀行口座に出金をして

しまうのが、最も安全な作戦ですね。

 

不測の事態

雇用統計などのビックイベントで、自分が入れている損切りより、

大幅に滑って決済されたことはないでしょうか?

 

100円で損切りを入れていたのに、99.70円で損切りされて

いたという状況です。

 

30pips程度の滑りであれば、それほどのダメージではないと思いますが、

もし今日、北朝鮮がアメリカに核ミサイルを撃ち込んだら、一体どれくらい

の滑りが起こるかは誰も想定できません。

 

1万円しか入っていない口座であれば、たとえ数百pips損切りが滑ろうとも、

最大のリスクは1万円です。(追証がない場合)

 

最近ではスイスフランショックがそうでしたが、決済をしたくてもできない、

という状況は、いつ起こるか分からないのです。

 

追証

もしあなたが使っているブローカーに追証があった場合、

例え1万円しか入金をしていなくても、不測の事態が起こった場合、

数十万円、数百万円の支払い義務が生じます。

 

なので私は、追証がない業者を使って、毎回5万円入金からトレードを

スタートするのです。

 

FXのリスクは、負けトレードによる損失だけではないことを、

ぜひ知っておいてください。

 

現在私が使っているGEM FOREXという業者は追証がなく、日本語の

サポートもしっかるとしています。

 

今まで何度も出金をしていますが、今のところ毎回スムーズに

出金ができているのでおススメです。

 

GEM FOREXの口座開設はこちら

 

海外口座のハイレバレッジを生かせば、5万円あれば十分すぎるほどの

ポジションを持つことができます。

 

上手に活用してくださいね!