さて、本日より新しい試みです。

 

とりあえず、ドル円を中心に今現在のチャートをもとに、

どのようにトレードを組み立てていくかということについて、

お話をさせていただきます。

 

USD/JPY 4時間足

5

ちょうどちょっと前に、スパイダーウェブで売りエントリーできていると思います。

 

私の場合、というか勝てている人の場合、たった一つの値動きを予測するのではなく、

複数のシナリオをつくります

 

このリアルタイムチャート講義では、その複数のシナリオについて書いていきます。

 

基本的にはセオリー通りの値動きにならなかった場合は、トレードを見送りさえすれば

いいので、素直なシナリオだけを考えます。

 

下落方向のシナリオは、黄色いトレンドラインまたは青い水平線に

頭を抑えられて下落。

 

USD/JPY 4時間足

6

 

上昇の場合も、やはりカギになるのは黄色いトレンドラインと、

青い水平線になってくるはずです。

 

USD/JPY 4時間足

7

 

シナリオを事前につくっておくと、あらかじめどこでどのロジックでエントリーを

していくかということを組み立てることができます。

 

このケースはフラッグマスターですね。

 

こうやっていくと、勝ちパターンが事前に分かるようになってきます。

 

LINE@で情報をもれなくキャッチ!

トレード講義はリアルタイムのチャートを使って解説をしています。

 

LINE@では、サイトの更新情報を瞬時にお知らせしていますので、

ご登録いただくことによって、動くチャートを見ながら学習することができると思います。

友だち追加