”FXでは損小利大が鉄則”などとノウハウ本などでも言われている

ことですが、それでは実際にどのようにして、”損小利大”を実現して

いくのか、ということについてはなかなか書かれていません。

 

なので、ここでは”損小利大”をどのように実現していくのか?について

具体的に解説をさせていただきます。

 

本日のチャートで言うと、ちょうどAUD/JPYが使えるので、この通貨ペア

で見ていくようにしましょう。

 

AUD/JPY 日足

1

 

まず日足チャートを見ると、右上がりの黄色いトレンドラインのちょうど3点目に当たっています。

 

もうちょっと細かい値動きを見るために、4時間足に切り替えてみます。

 

AUD/JPY  4時間足

2

 

4時間足で見ると、3点目から綺麗に50pipsほど上昇しているので、スパイダーウェブを使った

デイトレであれば、すでに利益確定が出来ていると思います。

 

ただ、ここでは損小利大を徹底的に追及するための方法を解説していくので、

短期トレードはちょっと考えずに話をすすめていきます。

 

もし、ここらへんでスイングなどの中長期トレードでエントリーをするとすれば、おそらく損切りラインは、

少なくとも、85.00くらいで設定していくと思うので、もし損切りになってしまった場合、80pipsほどの

損失になります。

 

日足や4時間足などのチャートを見てエントリーをし、同じ時間足のチャートを見て損切りラインを

設定すると、リワードも大きくなりますが、リスクも大きくなってきます。

 

 

なので私の場合、利益確定は日足チャートで見て、損切りは1時間足で設定する。

という方法を使います。

 

日足チャートで値動き予測をしてから、短期時間足を使ってその方向にトレードをしていくのです。

 

 

AUD/JPY 1時間足

3

 

1時間足で見ると、このようなラインになっていますので、赤いトレンドラインを上に抜けるようで

あれば、ぜひ1時間足で何らかのロジックを使ってエントリーしてみてください。

 

モンスターFXを使ったリアルトレード検証を見たことがある人は、保有しているポジションで

200pips~300pipsの含み益がたくさんあったことを記憶しているかもしれませんが、

まさにモンスターFXは、この損小利大の考えに基づいてトレードをしていく手法です。

 

大きなトレンドが向いている方向でトレードをして、部分的にポジションをキャリーしていく

という非常に理にかなったトレード戦略だと自負しています。

 

特に決めた手法を持っていない方は、ぜひモンスターFXを使ってみてください。

 

 

LINE@で情報をもれなくキャッチ!

トレード講義はリアルタイムのチャートを使って解説をしています。

LINE@では、サイトの更新情報を瞬時にお知らせしていますので、

ご登録いただくことによって、動くチャートを見ながら学習する

ことができると思います。

1:1トークで直接森田に疑問をぶつけてくださいね!

友だち追加