この記事の所要時間: 148

カミさんが出産で入院したことをきっかけに主夫となって以来、

それまでやっていたデイトレをやめ、トレードをスイングのみに

切り替えました。

 

ただ、ここ数か月の値動きを見るとエントリーが全くできないです。

 

もちろん、ファンダメンタルを何も考えずにチャートを見るのであれば、

クロス円を売るというのが正解だと思いますが、ドル円100円付近での

日銀介入などを考えると、中長期保有の売りポジションはたいしてうまみ

がないのではないかと思っています。

 

このような考えから、ドル円が100円を境に上昇トレンドに転換する

(転換してくれ!)という目で、日々観察しています。

 

モンスターFXにおいても、トレンドが長くなればなるほど稼げる手法なので、

ドル円がここから上昇トレンドに転換してくれれば、かなりおいしい展開になるはずです。

 

では上昇トレンド転換になるには、ライントレード的にどのような動きになってくるのか?

 

USD/JPY 4時間足

us

 

複数の線が引いてありますが、ザックリとエリアで考えると、赤い〇のエリアに

ロウソク足が来れば「買い」。

青い〇のエリアにロウソク足が来れば「売り」という考えでいます。

 

ただ、上昇するにしてもいろいろなシナリオが考えられます。

 

結構多いパターンが、長い下ヒゲをつけて上昇するパターン。

ストップ狩り後に上昇というお決まりのパターンも考えられますね。

 

USD/JPY 日足

us1

 

いずれにせよ、このような大きな転換点では値動きが荒くなりやすいので、

注意が必要だと思います。

 

アメリカの雇用統計がトリガーとなり、大きく動く可能性もあるので、

今週は目がはなせませんね。