この記事の所要時間: 232

世に流通している多くの手法は、トレンド相場で

利益をあげるタイプの手法です。

 

トレンド相場は値動きが大きく、一度のトレードで比較的大きな利益を期待できる

ので、ここを狙い撃つというのは、確かに理にかなっています。

 

勝ちやすい相場展開は、すぐに終わるという現実

ただ、ここで一つ問題なのは

獲りやすい相場展開はほんの一瞬である、ということです。

多くの手法が推奨している、獲りやすい部分はこの部分です。

flag3

box1
レンジから抜けた後のトレンド相場ですね。

 

ただ、ですよ!

この部分の時間的な割合って、おそらく全体の1割ないのではないかと思います。

そもそもレンジ相場が全体の7割を占めると言われていますので・・・

 

まあ、私みたいな暇人は、このコアな時間帯を常に待つことができるのですが、

一般の人はなかなかそうもいきませんよね。

 

このことは、結構トレードに悪影響を及ぼしたりします。

 

トレードチャンスが少ないことの弊害

例えば、数回連続でこのエントリーチャンスを見逃してしまったりすると、

本来であれば、PCでしっかりと分析をしてトレードするべきところを、

スマホで何となくトレードしてしまったり

 

ちょっと遅れ気味になりつつも、飛び乗ってしまったり・・・

 

チャンスが限られているという意識があるため、つい無理やりでも

トレードしてしまうようになります。

 

ルールを無視したトレードが勃発してしまうんですね。

 

レンジ相場のロジックは持っておきましょう

トレンド相場を待っている間のレンジ相場でルールを無視した

トレードをしてしまうようであれば、ぜひレンジ相場のロジックを

持っておいてください。

 

レンジでも獲りやすいのは、この2つのパターンです。

flag1box4

レンジ相場を攻略するためのお勧めロジック

フラッグでのレンジはフラッシュゾーンFXで攻略してください。

私の購入者特典を加えれば、簡単に攻略できるはずです。

フラッシュゾーンFX 検証・レビュー
ボックスでのレンジは恋スキャFXで攻略してください。

こちらも、私の購入者特典を使えば、レンジとその後のトレンド

相場でも利益が出せるはずです。

恋スキャFX 検証・レビュー

 

レンジをしっかりとした手法でトレードができるようになれば、

トレードチャンスは一気に広がりますので、ルールを破ったトレードも

減らすことができると思います。

 

手法には、それぞれ得意な展開がありますので、ぜひそれを意識した

ロジックを選ぶようにしていきましょう。